ココロのママに生きて行く。

hanashima.exblog.jp

人生一度きり。 反省はしても 後悔はしないように。

退職してみた。

今日、7年勤めた会社を辞めた。

少し前から求職活動をして、最終的にあとどのくらい働かないとならないのかを考えて。
今の収入と同等の金額であと3年は働かないとならない。最低でも3年。

で、派遣になった。

またもや派遣に戻って来ました。

きっとあの会社に居たのなら、楽だった気もする。
でも、もう私が楽しく働いていた会社ではなくなり、場所も変わり、モチベーションが保てなくなってしまった。

正直、この歳で仕事を代えるのはかなりリスキーな選択だと思ってる。
が、今、かわらないと辞めるタイミングがつかめないまま、文句だけ言ってグダグダ居るのはもっと嫌なのにそんな自分を甘やかしてしまいそうで。

不安しかないけど、こんな事今まで無かった。不安なんて思った事なかった。
歳なのかな??

でも、もうきっとこんなチャレンジは、最後になるだろうから、やってみようと思う。
何とかやれるだけ、やってみようと。
もうすこし、回転してくれ!私の頭!!

[PR]
# by hanashima_izuko | 2017-10-06 22:18 | 思うこと(雑記) | Comments(0)
メトロノームという曲をYouTubeできいていた。

2つのメトロノームが同じに動いていたのに、いつしか少しづつズレ始めて、一緒にいれなくなった…みたいな。

本当に一緒にいる人とは、そのズレがまた重なるところまで、相手を見て、待って。
また重なったら、今度はズレないように
時々相手を見たり出来る。

それが出来る人なんだなぁ。と、

なんて事をぼんやりおもっていたら

旦那さんから電話があって

私達のメトロノームは、もう随分と長い間、ズレてないなぁ〜と、1人で何だかニヤニヤ。。


[PR]
# by hanashima_izuko | 2017-10-05 17:55 | 思うこと(雑記) | Comments(0)

ふぅ。

今更何だかなぁ…。

早く次に進みたい。


[PR]
# by hanashima_izuko | 2017-09-20 12:37 | 思うこと(雑記) | Comments(0)

山のお花

e0219824_22274199.png

e0219824_22274307.png

e0219824_22274652.png

e0219824_22274841.png

e0219824_22275601.png
レンゲショウマの咲く奥多摩方面御岳山、大岳山、鋸尾根を歩いてきた。
やっと晴れた日曜日。

[PR]
# by hanashima_izuko | 2017-09-05 23:31 | 行きました | Comments(0)

北アルプス

e0219824_22325932.png

e0219824_22330032.png

e0219824_22330295.png

e0219824_22330497.png

e0219824_22330623.png
ずっと行きたかった北アルプスに、ひょんな事から誘われて行って来た。
こんなに早く行けるとは…。

同年代の女性ばかり、6人での山行き。

上高地、河童橋、梓橋…
涸沢カール迄の道が続く登山口に立つと、夢の入り口の様で、実感がわかないまま、歩き出す。

3時間ほど歩いて『横尾』、そこから4時間位歩いたら『涸沢カール』。

そこまでの道もずっと夢の中の様な感覚で、雨が降り出したり、アルプスの山々はずっとベールに隠されたままなのに、そこに居るだけで、本当に高揚していて…。
自分の体が浮いてるみたいな不思議な感覚をずっと感じていた。

山小屋の夜は早く、身体は疲れているはずなのに、眠くならない。
外は酷く雨が降って、風の音も増すばかり。明日の朝までに止むだろうか…、私がアルプスなんて登っていいのだろうか…。と、そんな事を考えているうちに、うつらうつらと少し眠れた。

山小屋の朝は早く、早朝5時から朝食。
食べられない…。それでもなんとかおしこむ。
外は雨が降ったり止んだり。でも、空は明るく、雲は飛ぶ様に流れている。

当初、6人パーティーだったのが、アクシデントで4人パーティーとなったものの、朝7時には北穂高岳へ続く登山口にいた。
前日、絶望的に見えた斜面にいよいよ取り付く。
とにかくガレ場続きなので、落石には気を付けないと。

そこからはもう、無我夢中で登り続けた。浮き石も多い。慎重に、落ち着いて、大丈夫、行ける。
何度心で呟いただろう。岩に書かれた『○』のマークに沿ってひたすら足を上げ、岩を掴み登ること3時間ほど。
いつの間にか降り出した雨が、本降りになる頃、北穂高岳山頂に到着。

眺望はなし。白い世界がひろがり、雨は土砂降りに。
山小屋で2時間以上居て、雨の様子を伺いつつ、やっと雨があがったその隙に下山開始。

槍ヶ岳も、奥穂高も、稜線すら見えずじまいの北穂高。
きっと、来年また来るよ。

[PR]
# by hanashima_izuko | 2017-09-04 22:30 | 山登り | Comments(0)